オートバックス、朝霞に「ガレージハウス」を新築 電動シャッターや温冷給水シンクを完備

オートバックスセブンは、埼玉県朝霞市にガレージハウス「BACSPOT朝霞」を新築し、2月15日より賃貸での入居者の募集を開始した。

マイカー所有者の中には、雨や風、ホコリ、紫外線から愛車を守りたいという人や、駐車場が住居の近くに確保できず、盗難などセキュリティの面を心配する人も多い。また周囲を気にせず、クルマのメンテナンスやカスタマイズを楽しみたいというニーズも高まっている。

今回新築したBACSPOT朝霞は、オートバックスがクルマ好きの気持ちに寄り添ってつくり上げたガレージハウス。黒を基調とした高級感のある外観はデザイン性が高く、プレミアムなガレージライフを過ごすには最適な物件だ。また、電動ガレージシャッターを完備。雨や風、ホコリ、紫外線から大切なクルマを守ることができるほか、住居とガレージを一体とすることで、盗難のリスクも低減している。

開放的なガレージスペースではメンテナンスやカスタマイズなど、気兼ねなく愛車とのガレージライフを楽しめる。ガレージ内には、自由にレイアウトできる可動式照明用レールや部品洗浄・手洗いに便利な温冷給水シンク、EV車両にも対応した充電用電源コンセントを設置。クルマ好きに満足してもらうこだわりの設備を完備している。

間取りはいずれもワンルーム+ガレージで、2台駐車可能タイプ4部屋、1台+αタイプ3部屋、1台タイプ1部屋を用意。賃料は15万8000円から16万5000円(管理費や共益費を含む)。3月26日(予定)より入居可能となっている。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ヤマハ発動機社長「2021年上期は在庫不足で工場をフル稼働で商品供給に努める」 画像 ヤマハ発動機社長「2021年上期は在庫不足で工場をフル稼働で商品供給に努める」
  • ポールスターの609馬力PHV、最終モデルの受注を開始…年内生産終了へ 画像 ポールスターの609馬力PHV、最終モデルの受注を開始…年内生産終了へ
  • 常磐道で法面崩壊、通行止め---2月13日の地震 画像 常磐道で法面崩壊、通行止め---2月13日の地震
  • 昭和の「文化住宅」を「ガレージハウス」にリノベーション 東大阪市 画像 昭和の「文化住宅」を「ガレージハウス」にリノベーション 東大阪市

特集

おすすめのニュース