トラックの入出庫と倉庫の搬送を無人自動化 ZMPとシーイーシーがサービスを共同開発へ

ZMPはシーイーシーと提携し、物流ロボットの「キャリロ」とバース管理システムを連携し、トラックの入出庫と倉庫・工場間の無人搬送を連携して提供するサービスを開発する。ZMPが1月14日、発表した。

物流搬送システムとバース管理システムは通常、別々に運用されている。このため、トラック到着後、バース到着位置や入出庫荷物の確認、物流ロボットへの指示を人手で対応している。ZMPとシーイーシーは、トラックの入出庫情報と搬送ロボットをシームレスに連携させ、人手を介さず入荷・入庫から出荷まで物流現場の効率化を実現するサービスを開発する。

物流ロボット「キャリロ」とバース管理システムを連携して、トラックのバース到着を検知し、無人フォークリフトに対してバース位置、荷下ろし情報を送信する。無人フォークリフトは自動でトラックから商品を荷下ろしし、台車型搬送ロボットに積み替える。台車型搬送ロボットが倉庫・工場内の格納エリアに、荷物を自動で搬送する。

出庫では台車型搬送ロボットが出荷予定時刻に合わせて出荷対象の荷物を、バースまで搬送する。無人フォークリフトが自動でトラックに荷物を積み込む。

システム連携は、共通のクラウドプラットフォームである「ロボハイ・ロジマネ」によって統合制御し、全体の運用の可視化する。相互の協調動作もスムーズ、低コストで導入できるとしている。サービスは型搬送ロボットとの連携から着手し、2021年4月ごろの提供を目指す。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース