イクリプス カーナビ、エントリーモデル「LSシリーズ」発売へ

イクリプス AVN-LS01W
  • イクリプス AVN-LS01W
  • 多言語対応(英語)
  • 多言語対応(韓国語)
  • 多言語対応(中国語:繁体字)
  • 多言語対応(中国語:簡体字)
  • 車室内に一体感をもたらすフラットデザイン

デンソーテンは、「イクリプス」ブランドのカーナビゲーションシステム「AVN」にエントリーモデル「LSシリーズ」(フルセグ)2機種を追加し、12月中旬より順次発売する。

新製品は、案内に必要な道路や文字を目立たせつつ、シンプルで見やすい画面に仕上げた。道路の太さと色に強弱をつけることで、案内の対象となる道路をはっきり・くっきりと表示。文字は案内に必要となる目印を際立たせることで、一目で把握しやすいデザインにした。

また、高速道路とインターチェンジのナンバリング表示にも対応したほか、リアル3D交差点拡大図は108施設・476か所の交差点に対応。複雑な交差点をリアルなイラストと推奨レーン表示で分かりやすく案内する。

さらに英語、中国語(繁体字/簡体字)、韓国語、日本語の多言語にも対応する。地図上の住所表記やルート案内音声のほか、目的地検索では電話番号やマップコードに加え、名称、ジャンルでの検索にも対応。エリアの絞込みや6ルートの選択等、外国人でも簡単に目的地やルートの設定ができる。

エントリーモデルながら、タッチパネルは光透過率が高く画質に優れ、かつ高耐久の「静電容量式」を採用。また、「光沢パネル」にすることで、ひときわ色鮮やかな画面とし、引き締まった黒で画質のメリハリ感をアップさせている。

LSシリーズのラインアップは180mm標準幅の「AVN-LS01」、200mmワイドコンソール対応の「AVN-LS01W」の2種類。そのほか、CDデッキ・TVレスの企業向けモデル「AVN-LBS01」も12月中旬より順次発売する。価格はいずれもオープン。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース