新東名高速、最高速度120km/hを本格運用へ---状況に応じて

新東名高速道路・御殿場JCT付近~浜松いなさJCT付近間(約145km)の6車線化工事が12月22日に完成し、同日14時から同区間において、最高速度規制120km/hの本格運用が開始される予定だ。静岡県警察本部では、交通状況に応じた安全な速度で走行するよう、注意を呼びかけている。

走行する際の留意事項
-- 最高速度は120km/hだが、120km/hで走行する必要はない。
-- 十分な車間距離を保つ。
-- 進路変更する際は、進路変更しようとする車線の安全確認を確実に行なう。
-- 交通状況に応じた安全な速度で走行する。

また最高速度規制120km/hの対象車両は、高速自動車国道における法定の最高速度が100km/hとなっている車両となる。大型貨物自動車などの最高速度は80km/hのままで変更はない。

対象車両
-- 大型乗用自動車(大型バスなど)
-- 中型乗用自動車(マイクロバスなど)
-- 特定中型貨物自動車を除いた中型貨物自動車(車両総重量8トン未満・最大積載量5トン未満)
-- 準中型自動車
-- 普通自動車
-- 125ccを超える自動二輪車
-- 緊急自動車

高速道路の最高速度は、道路交通法によって上記車両が100km/h、その他の車両が80km/hに定められている。また道路交通法とは別に道路には設計規格があり、新東名は設計速度120km/hで建設されている。

最高速度100km/hからの引き上げについては、新東名の新静岡IC~森掛川IC間で、2017年より最高速度110km/h、2019年3月より120km/hを試行していた。またNEXCO東日本の東北道・花巻南IC~盛岡南IC間でも、2017年度より110km/h、2019年度より120km/hを試行している。

NEXCO中日本では新東名・御殿場JCT~浜松いなさJCT間の6車線(片側3車線)化について工事を進めていた。長泉沼津IC~新静岡IC間の上り線(約53km)と、藤枝岡部IC~島田金谷IC間の上下線(約15km)が12月22日から片側3車線で利用できるようになり、御殿場JCT~浜松いなさJCT間が全線6車線となる。この6車線化の完成とあわせて最高速度規制120km/hの本格運用が開始される。新東名6車線化新東名6車線化

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

  • 新東名、御殿場JCT-浜松いなさJCTが6車線化…最高速120km/hの本格運用も開始 12月22日 画像 新東名、御殿場JCT-浜松いなさJCTが6車線化…最高速120km/hの本格運用も開始 12月22日
  • 【グッドデザイン2020】大型移動式防護車両「ハイウェイ・トランスフォーマー」金賞を受賞 画像 【グッドデザイン2020】大型移動式防護車両「ハイウェイ・トランスフォーマー」金賞を受賞
  • 【ランボルギーニ ウラカンSTO】サーキットから公道へ…モデル最速のロードゴーイングカー[詳細画像] 画像 【ランボルギーニ ウラカンSTO】サーキットから公道へ…モデル最速のロードゴーイングカー[詳細画像]
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース