JR東日本の新幹線すべてで圏外が解消…山形新幹線全線で通話可能に 12月15日から

山形新幹線の足湯付き観光列車『とれいゆ』。
  • 山形新幹線の足湯付き観光列車『とれいゆ』。
  • 山形新幹線トンネルの対策状況

JR東日本は11月25日、山形新幹線のトンネル内における携帯電話サービスを12月15日から開始すると発表した。

今回サービスが開始される区間は、峠~大沢間と芦沢~舟形間で、両区間計6トンネル(約2km)で通話が可能になる。これにより山形新幹線は、全線で携帯電話の圏外が解消されることになった。

JR東日本では2001年12月、東北新幹線東京~大宮間を皮切りに長大トンネルが多い新幹線での「携帯電話不感対策」に取り組んできたが、2016年からは総務省方針の下、国が推進する電波遮へい対策事業の補助金を活用し、通信事業者(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル)と共同でトンネル内での圏外を解消するための地上設備を整備してきた。

そして、2020年7月までには東北・上越・北陸・秋田の各新幹線で圏外が解消。今回の山形新幹線での解消により、JR東日本の新幹線は最初の対策から19年で全区間での通話が可能となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース