乗合バスのノンステップバス導入率が6割台 2020年3月末現在

国土交通省は11月20日、2019年度末(2020年3月末)のバス・タクシー車両やバスターミナルのバリアフリー状況を発表した。

2019年度末のバス車両のバリアフリー状況は、乗合バスのノンステップバス導入率が61.1%で、前年度末と比べて約2.3ポイントアップした。リフト付きバス導入率は5.2%で、0.1ポイントアップした。貸切バスのノンステップバス、リフト付きバスなどは1081台で68台増えた。

バスターミナルのバリアフリー化は、1日当たりの利用者数3000人以上の施設では95.1%と、前年度末比1.5ポイントアップした。

ユニバーサルデザインタクシーを含む福祉車両は3万7064台と、前年度末から8462台増えた。

国土交通省では、ノンステップバス、福祉タクシーの導入に対する財政的支援の実施などにより、今後も公共交通のバリアフリー化の実現に向けた取り組みを推進するとしている。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 車体に北斎の富士、2階建てバス…富士急グループが高速バス路線に導入 画像 車体に北斎の富士、2階建てバス…富士急グループが高速バス路線に導入
  • 「心のバリアフリー」高速道路など公共交通のトイレ適正利用 国交省 画像 「心のバリアフリー」高速道路など公共交通のトイレ適正利用 国交省
  • 企業のシャトルバスを利用するデマンド移動 MONETが実証実験に参加 画像 企業のシャトルバスを利用するデマンド移動 MONETが実証実験に参加
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース