【F1】角田裕毅20歳、アルファタウリでシート合わせ…18年型マシンで11月4日にテスト走行

角田裕毅がF1アルファタウリのファクトリーでシート合わせを行なった。
  • 角田裕毅がF1アルファタウリのファクトリーでシート合わせを行なった。
  • 角田裕毅がF1アルファタウリのファクトリーでシート合わせを行なった。
  • 角田裕毅がF1アルファタウリのファクトリーでシート合わせを行なった。
  • 角田裕毅がF1アルファタウリのファクトリーでシート合わせを行なった。
  • 角田裕毅がF1アルファタウリのファクトリーでシート合わせを行なった。
  • 角田裕毅がF1アルファタウリのファクトリーでシート合わせを行なった。
  • 角田裕毅がF1アルファタウリのファクトリーでシート合わせを行なった。
  • 角田裕毅がF1アルファタウリのファクトリーでシート合わせを行なった。

FIA-F2選手権で活躍中の20歳、角田裕毅(つのだ ゆうき)がF1チーム「アルファタウリ」のファクトリーでシート合わせを行なった。角田は11月4日に2018年型マシンでテスト走行をする。

角田裕毅はホンダとレッドブル、双方の“ジュニアプログラム”に参画中の若手で、今季初参戦のF2における好パフォーマンス&高実績(現在シリーズ3位)によって一躍、次期日本人F1ドライバー候補筆頭として脚光を浴びているドライバーだ。イタリアのF1チーム「アルファタウリ」は昨年までのトロロッソで、レッドブルとは系列チームの関係にある。そして18年シーズンからホンダと共闘中(レッドブルとホンダの共闘は19年~)。

「角田がF1テストのチャンスをつかむなら、それはアルファタウリで、だろう」という見方が強いのは当然至極の環境にあったわけだが、ついにそれが具体化することとなった。

角田は現地10月13日、イタリア・ファエンツァのアルファタウリのファクトリーでシート合わせを実施。そして11月4日にイタリアのイモラ・サーキットで2018年型のトロロッソSTR13でテストをすることがアルファタウリから発表された(2年前のマシンであれば、F1チームは“現役車”等のテスト制限事項による影響は受けないとされる)。

F1に参戦するためにはスーパーライセンス(SL)の取得が必要になるが、このSLの取得条件等々は非常に煩雑で、なおかつ変化が激しい。角田は成績面ではその条件クリアが見えてきているが、アルファタウリによれば、彼が今年のうちにF1のレースウイークの金曜フリー走行1回目(FP1)に出走するためには、「F1マシンで300km走行」という距離経験のクリアが求められるという。今回の角田のテスト、その主目的はこの300kmをクリアすることなのだ。

角田自身もアルファタウリの公式サイトを通じて、「300kmが自分のメインプライオリティです」とコメント。「そしてマシンを理解するためにも、クラッシュやコースを外れるようなことはしたくない。焦らずにやります。“できる”という自信はありますし、いつも通りにやろうとも思っています」と続け、さらには「ピットレーンエンドでコクピットに座ってグリーンライトを待つときは、きっとすごく興奮すると思います」とも語っている。

11月4日のテストの舞台、イモラでは今季久しぶりにF1が開催される。テストの直前である11月1日決勝の今季第13戦エミリア・ロマーニャGPだ。時期が近いだけに、外野はどうしてもタイム比較等をしたくなってしまうが、マシンは2年落ち、そして最優先の目的もマイレージ稼ぎである。まずは日本期待の気鋭が確実な一歩を刻むことを祈りたい。

そして今季終盤戦でのFP1出走、“金曜デビュー”の実現につなげてほしいところだ。

《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

  • 日本人F1ドライバー復活の期待高まる…角田裕毅、F2スパ戦でレース1初制覇&ランク3位浮上 画像 日本人F1ドライバー復活の期待高まる…角田裕毅、F2スパ戦でレース1初制覇&ランク3位浮上
  • 角田裕毅、F2第5戦のレース2で初優勝…2位はミック・シューマッハ 画像 角田裕毅、F2第5戦のレース2で初優勝…2位はミック・シューマッハ
  • 【ホンダF1】来季で参戦終了、八郷社長「“環境”もホンダのDNA。育った人材を振り向けたい」…最後に30年ぶり母国優勝なるか 画像 【ホンダF1】来季で参戦終了、八郷社長「“環境”もホンダのDNA。育った人材を振り向けたい」…最後に30年ぶり母国優勝なるか
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース