グループPSAジャパン、アンジェロ・シモーネ社長が辞任 家庭の事情

グループPSAジャパンおよびグループPSAジャパン販売は10月9日、両社の代表取締役社長アンジェロ・シモーネ氏が家族の事情により辞任したと発表した。

イタリア・ナポリ出身のシモーネ氏は、30年にわたり一貫して自動車産業に係わってキャリアを積んできた。FCAグループの地域販売統括本部長や営業担当取締役に就任。2010年にプジョー・イタリーに移り、地域B2B販売統括および再販事業本部長として活躍。2015年1月からシトロエン・イタリーの支社長を、2018年からはオペル・イタリーの常務取締役を務め、2020年1月にグループPSAジャパン(当時はプジョー・シトロエン・ジャポン)の新社長に就任したばかりだった。

シモーネ氏は、イタリアにいる家族の事情で現在の日本での職務を離れざるを得なくなり、辞任。現マーケティング・ダイレクターのトマ・ビルコ氏が、当面の間は代表取締役社長を代行(マーケティング・ダイレクター兼務)する。

なお、後任の代表取締役社長については、決定次第アナウンスされる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース