セレンスが二輪車市場に参入…中国の電動スクーターにAI音声アシスタントが採用

自動車向け音声認識技術を手がけるセレンスは9月23日、二輪車市場に進出すると発表した。

中国Xiaomi MiOTエコシステムのメンバーで、スマートカーエレクトロニクス企業70マイ(セブンティマイ)の、新しい電動スマートスクーター『AIプロスマートエレクトリックバイク』に、セレンスの車載向けAI音声アシスタントが採用された。セレンスのAI音声アシスタントが電動スクーターに採用されるのは今回が初。

70マイのA1プロスマートエレクトリックバイクは、スクーターのセンサー情報を表示するセントラルハブに加え、エンターテインメントとセキュリティ機能が利用できる大型タッチスクリーンのヘッドユニットを搭載する。セレンスの音声認識技術を活用することで、ナビゲーション、音楽、メディア、各種の設定や一部のスマートホームシステムを含む、電動スクーターのさまざまな機能を音声で操作できる。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース