AI乗合タクシーとカーシェアの実証実験、NTTドコモが実施へ 茨城県大子町

AI運行乗合タクシー(キャラバン)
  • AI運行乗合タクシー(キャラバン)
  • AI運行乗合タクシー(セレナ)
  • 大子町で実施する実証実験全体のイメージ

NTTドコモは9月17日、茨城県大子町、茨城日産自動車とともに2020年10月1日~2021年9月30日まで、AI(人工知能)を活用した乗合タクシー「AI乗合タクシー」とカーシェアリングを組み合わせた実証実験を茨城県大子町で実施すると発表した。

大子町は高齢化や人口減少が進んでおり、高齢者を中心とした移動手段の確保が大きな課題となっている。面積の広い大子町内での移動手段の柔軟性を図り、交通インフラの維持を目指す。

AI乗合タクシーはスマートフォンアプリや、電話で予約すると運行中のAI乗合タクシーをリアルタイムで配車する仕組み。利用者は乗降場所と乗車人数を選択、AIが配車ルートを決めてアプリや、WEB上で乗車予定時刻を示す。その後、AI乗合タクシーが乗車場所へ利用者を迎えに行く。利用者は、AI乗合タクシーで自宅近くの乗降場所や公共施設、商業施設などの指定乗降場所を自由に移動することができる。

AI乗合タクシーは、茨城日産の2台の車両を使って町民の生活圏と町内の観光エリアを無料運行する。地域住民の新たな移動手段として自宅からスーパーや町役場、医療施設への移動のほか、観光客の観光地への移動手段としての利用を想定する。夜間の地元飲食店利用時の移動手段としても運行する。

また、実証実験では、昨年の台風19号で被災し、鉄道での移動が困難となった町民を支援するため、南田気地区と下津原地区を運行する臨時無料巡回バスも運行する。

このほか、電気自動車を利用したカーシェアリングの実証実験も実施する。レンタカーの営業所がない大子町で、住民の日常利用や鉄道で訪れた観光客の移動手段としてカーシェアリングのサービスを利用料金1台当たり15分100円から提供する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • バスの最適な本数は? モバイル空間統計で予測 ドコモなど 画像 バスの最適な本数は? モバイル空間統計で予測 ドコモなど
  • NTTドコモ、データビジネスや自動運転など事業化へ…タクシー配車アプリのモビリティテクノロジーズと提携 画像 NTTドコモ、データビジネスや自動運転など事業化へ…タクシー配車アプリのモビリティテクノロジーズと提携
  • ドコモ・システムズ、安全運転支援サービス向けに新しい通信型ドラレコを発売 画像 ドコモ・システムズ、安全運転支援サービス向けに新しい通信型ドラレコを発売
  • 観光客の多い都道府県への流入じわり増加---自粛解除で NTTドコモ調べ 画像 観光客の多い都道府県への流入じわり増加---自粛解除で NTTドコモ調べ
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース