HKS、GRスープラ用高機能インテークシステム発売 ドライカーボンで軽量化にも貢献

HKSは、高機能吸気システム「ドライカーボンレーシングサクション」にトヨタ『GRスープラ』用を追加し、販売を開始した。

ドライカーボンレーシングサクションは、むき出しタイプエアクリーナー「スーパーパワーフロー」とCFRP製インテークパイプをセットにした吸気システムだ。フローベンチテストでは通気抵抗値7kPa時にて吸入空気量が約13%アップ。HKSスーパーターボマフラー/マスタリーECUの相乗効果により、フルノーマルに対して約60psのパワーアップを実現する。

純正のフレキシブルゴムホースをCFRP製のパイピングへ変更することで吸入抵抗を低減する。また重量にして約35%の軽量化を実現。さらにパイプ自体の温度上昇および滞留温度を軽減。吸気温度上昇によるパワーロスを抑制する。

CFRP製インテークパイプは、3K綾織プリプレグを採用することでレーシーさ高級感を演出する。パワーフロー本体とインテークパイプ接続部はΦ100とすることで存在感をアピール。アクセルオフ時にバックタービン音が鋭く立ち上がり、切れのある音を楽しむことができる。

タービン入口への連結は純正同様にアタッチメント形状を採用。システムアッセンブリでのワンプッシュ装着を可能とした。装着時の各種データやフィードバック状況を確認しており、純正ECUにて対応可能。価格は10万7800円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース