三菱自動車、最終赤字は3600億円に拡大 2021年3月期連結業績予想

三菱自動車本社
  • 三菱自動車本社

三菱自動車は7月27日、未定としていた2021年3月期(2020年4月~2021年3月)連結業績予想を発表。当期純損失は前期の258億円から3600億円に拡大する見通しであることを公表した。

三菱自動車は5月19日、2020年3月期(2019年4月~2020年3月)の連結決算を発表。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染症拡大による販売台数急減などで最終損益は3年ぶりの赤字転落で258億円となったが、今期の業績見通しについては、コロナ禍の影響を現時点で合理的に算定することが困難なことから未定としていた。

2020年度のグローバル販売台数については、前期比25.0%減の84万5000台となる見通し。これに伴い、売上高は同34.8%減の1兆4800億円、営業赤字は1400億円(前期は128億円の黒字)、経常赤字は1600億円(同38億円の赤字)、最終赤字は3600億円(同258億円の赤字)と予想している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 三菱自動車、2020年度の役員報酬を減額---加藤CEO「痛みを分かち合う」 画像 三菱自動車、2020年度の役員報酬を減額---加藤CEO「痛みを分かち合う」
  • 三菱 アウトランダー 次期型、2021年初頭のデビューが決定 画像 三菱 アウトランダー 次期型、2021年初頭のデビューが決定
  • 見えてきた世界の燃料電池戦略、BEVとFCVの課題と展望…トヨタ自動車 ZEVファクトリー 主幹 手嶋剛氏[インタビュー] 画像 見えてきた世界の燃料電池戦略、BEVとFCVの課題と展望…トヨタ自動車 ZEVファクトリー 主幹 手嶋剛氏[インタビュー]
  • 車の運転はぜいたくか無駄か…アフターコロナは「クロス・リバーシブル」 電通 画像 車の運転はぜいたくか無駄か…アフターコロナは「クロス・リバーシブル」 電通

特集

おすすめのニュース