コンチネンタルが自動運転を強化、事業部に新トップ 8月1日付けで就任

コンチネンタルの自動運転技術開発車両
  • コンチネンタルの自動運転技術開発車両
  • コンチネンタルの自動運転EV
  • 8月1日付けでコンチネンタルのADAS事業部長と自動運転&安全部門の役員に就任するフランク・ペッツニック氏

コンチネンタル(Continental)は8月1日付けで、フランク・ペッツニック氏がADAS(先進運転支援システム)事業部長と、自動運転&安全部門の役員に就任すると発表した。

今回の人事は、自動運転事業の強化が目的だ。フランク・ペッツニック氏は2020年 7月1日、コンチネンタルに入社した。自動車業界や自動車サプライヤーにおいて、長年の経験を持つ。直近ではHella社の取締役として、自動運転プロダクトセンターのグローバル事業を担当していた。

同氏は1998年、フォルクスワーゲンのプロジェクトマネジャーとして自動車業界でのキャリアをスタートした。その後、電子制御システムのプロジェクトリーダーを務めた。2003年には開発サービスのプロバイダー、Bertrandt社に移り、エレクトロニクスとインフォテインメント分野のさまざまな役職を経験した。2008年からはHella社の中国・上海とドイツ・ベルリンを拠点に、グローバルレベルで管理職を務めた。

コンチネンタルの先進運転支援システム分野の売り上げは、2013年から2019年の間に5倍に伸びた。2019年の同事業の売上は20億ユーロで、コンチネンタルをADAS分野のリーディングポジションへと押し上げた。コンチネンタルは、電気工学の学位を持つ同氏が、電子工学やセンサー技術分野における革新的な新技術に関する長年の経験を、コンチネンタルにもたらすと見込む。

センサー、ソフトウェア、インテリジェントなコネクティビティが、ADASの基盤を形成する。コンチネンタルが、これらのシステムの研究を始めたのは、20年以上前だ。コンチネンタルは、ヨーロッパ、アメリカ、アジアの主要地域に、開発センターと生産拠点を有しており、世界各国の多くの自動車メーカーに、顧客に合わせたソリューションを提供できる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • ボルボカーズの自動運転ソフト開発部門、新体制発足…高速道路での完全自動運転実現へ 画像 ボルボカーズの自動運転ソフト開発部門、新体制発足…高速道路での完全自動運転実現へ
  • ポルシェ、自動運転の無人輸送ロボット企業を買収 画像 ポルシェ、自動運転の無人輸送ロボット企業を買収
  • デンソー、自動運転研究開発拠点を羽田イノベーションシティに開設 画像 デンソー、自動運転研究開発拠点を羽田イノベーションシティに開設
  • BMWグループ電動車両世界販売、2年ぶりに増加 2020年上半期 画像 BMWグループ電動車両世界販売、2年ぶりに増加 2020年上半期

特集

おすすめのニュース