3本スポークのウッドステアリング、だけじゃない「ナルディ」【懐かしのカーカタログ】

ナルディ
  • ナルディ
  • ナルディ
  • ナルディ
  • ナルディ
  • ナルディ
  • ナルディ
  • ナルディ
  • ナルディ

前々回momoを取り上げた際にお読みいただいた方の“予感”を的中させるためにも(!?)、今回は「ナルディ」を取り上げることにしたい。ナルディもまた、古くからのカーマニアに愛好されたブランドのひとつだ。

創設者のエンリコ・ナルディは、ランチア、フェラーリでエンジニアやテストドライバーとして才能を発揮したという人物。そして1932年の創設以来、レースでもコンストラクターとして実績をあげ、やがて最初に作り上げたのが、フェラーリなどに採用されたウッドステアリングだった。

クラシック

ナルディ
「クラシック」と呼ばれるウッドリムのステアリングは、ナルディの代表的モデル。リムはやや細身で、シンプルなスリットが入った3本スポークはおなじみのデザイン。右手スポーク部にはナルディのサインが入っている。

スポークはポリッシュのほかにブラック、ゴールド、シルバーを設定。さらに同デザインのレザーもブラック、ブラウン、ナチュラルの展開があったほか、ホーンボタンリング部のスクリュー(ナット)を露出されたデザインも。

ラリー用の“コーン型”や、特別注文品として、往年モデルの復刻版が用意されたこともあった。ホーンボタンは途中から法規にミートさせて、ホーンのシンボル(ラッパのマーク)が入るようになった。

ジウジアーロデザインに4本スポークも

ナルディ
クラシックはナルディの主力だが、その一方で時代に合わせたモデルもこれまにたくさん提供されてきた。いかにも80年代の空気を感じさせるジウジアーロデザインや、センターパッドが付くタイプ、4本スポークタイプなど思いのほかバリエーションは幅広い。

「クラシック」以外にも、(当時の)新型車にも合わせやすいデザインで、頑ななだけではない姿勢も見せた、そんなラインアップたちだ。

周辺アクセサリーもさまざま

ナルディ
80年代後半以降、ステアリング以外の周辺アイテムも用意された。シフトノブ、シフトブーツ、キーホルダーなどはその一例。

シフトノブの中には、ユーノス・ロードスター、三菱・ディアマンテなど日本車にも純正またはオプションで用意されたものもあった。シフトノブは記憶が正しければガングリップタイプのウッドとレザーが最初の製品。メルセデス・ベンツ(W124ほか)やジャガーXJなど当時の車種別に専用品も用意があった。

さらに、いのしし革、羊革、子牛革などを使ったドライビンググローブや、タッセルのところにエンブレムをあしらったスリッポンタイプのドライビングシューズなどもあった。

ナルディ

《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

  • ステアリング交換の定番は、いつも「momo」だった【懐かしのカーカタログ】 画像 ステアリング交換の定番は、いつも「momo」だった【懐かしのカーカタログ】
  • レースのカーテンにムートンシート、日本車ならではのオプション装備【懐かしのカーカタログ】 画像 レースのカーテンにムートンシート、日本車ならではのオプション装備【懐かしのカーカタログ】
  • 国産最後のリトラ車といえば?リトラクタブルヘッドランプを装着した日本車…後編【懐かしのカーカタログ】 画像 国産最後のリトラ車といえば?リトラクタブルヘッドランプを装着した日本車…後編【懐かしのカーカタログ】
  • こんなにも充実していた…あの頃の輸入ステーションワゴン・その1【懐かしのカーカタログ】 画像 こんなにも充実していた…あの頃の輸入ステーションワゴン・その1【懐かしのカーカタログ】

特集

おすすめのニュース