ブリヂストン、役員報酬を一部自主返納へ…新型コロナ影響による事業環境悪化で

ブリヂストンは6月22日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、事業環境が悪化していることから役員報酬の一部を自主返納すると発表した。

自動車 ビジネス 企業動向
ブリヂストンは6月22日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、事業環境が悪化していることから役員報酬の一部を自主返納すると発表した。

新型コロナウイルス感染拡大がグロ-バル事業へ及ぼすインパクトが予測できない厳しい状況が続いている中、同社グループでは、様々なリスクシナリオを作成、財務健全性を維持するため、キャッシュフロー重視の事業経営をグローバルで推進している。投資や経費についても、戦略事業に向けた優先リソースを除いて全面的に見直し、削減している。

今回の役員報酬自主返納はこうした取り組みの一環で、個々の持ち場で難局に立ち向かってきた従業員と、厳しい事業環境がもたらす痛みを分かち合うという役員の総意を反映するとしている。

自主返納は2020年6月度支給分から12月度支給分までの7カ月間。代表執行役が月額報酬の30%、執行役が20%、執行役員が10%をそれぞれ自主返納する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ブリヂストン、2020年もモータースポーツ活動をサポート…閉塞した社会に「活力」を 画像 ブリヂストン、2020年もモータースポーツ活動をサポート…閉塞した社会に「活力」を
  • ブリヂストン国内工場、新型コロナで2度めの生産調整 画像 ブリヂストン国内工場、新型コロナで2度めの生産調整
  • ブリヂストン、売上高11.3%減…コロナ禍でタイヤ需要が減少 2020年1-3月期決算 画像 ブリヂストン、売上高11.3%減…コロナ禍でタイヤ需要が減少 2020年1-3月期決算
  • 日産のハードトップはここから始まった…歴代 ローレル が村山に集結、発売50周年 画像 日産のハードトップはここから始まった…歴代 ローレル が村山に集結、発売50周年

特集

おすすめのニュース