メルセデスベンツ Gクラス、チャイルドセーフティロックの表示が不適切 改善対策

メルセデス・ベンツ日本は6月18日、メルセデスAMG「G63」など『Gクラス』の3車種について、チャイルドセーフティロックの表示が不適切だったとして、国土交通省に改善対策を届け出た。

対象となるのは、メルセデスAMG G63とメルセデスベンツ「G350d」、同「G550」の3車種で、2018年4月21日~2019年12月17日に輸入された3950台。

後席左右ドアのチャイルドセーフティロックにて、当該機構の所在を示すマークの打刻位置が不適切なため、操作レバーのロック状態を示しているものと使用者が誤認することがある。そのため、ロック状態にしたつもりがロックされておらず、車内からドアが開けられて、最悪の場合、後席の乗員が車外に出て負傷するおそれがある。

改善措置として、全車両、正しいロック状態を示すラベルを打刻の上に貼り付ける。

不具合および事故は起きていない。ドイツ本社からの情報により発見した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース