NEXCO中日本、SA・PAのダブル連結トラック用駐車スペースに予約システム導入へ

ダブル連結トラックの運行区間
  • ダブル連結トラックの運行区間
  • ダブル連結トラック予約駐車システムに関する実証実験の概要

NEXCO中日本は6月18日、高速道路のサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)などのダブル連結トラック用駐車スペースに予約システムを導入すると発表した。

2019年1月に、特殊車両通行の許可基準が緩和されたことにより、現在では1台で通常の大型トラック2台分の輸送が可能な「ダブル連結トラック」が東北自動車道から九州自動車道までの高速道路で運行している。NEXCO中日本では、ダブル連結トラックが運行している高速道路のSA・PAの駐車場に、最大車長25mのダブル連結トラックに対応した駐車スペースを順次整備してきたが、当該車両以外が駐車してしまうなどの課題が発生。ダブル連結トラックが運行計画で休憩を予定していたSA・PAに駐車できず、輸送効率の低下や交通安全上の課題が生じている。

NEXCO中日本では、こうした課題を解決するため、2020年度から、特にダブル連結トラックの運行便数が多く、専用駐車マスが適切に利用されていないなどの課題が顕在化している東京・名古屋・大阪間の東名、新東名、新名神にて、ダブル連結トラックを対象としたETC2.0を活用した予約駐車システムの開発に着手。2020年度末を目標に実証実験を6か所で順次開始する。

浜松いなさIC路外駐車場(駐車台数30台)では、高速道路IC外の近傍に駐車場を整備し、ETC2.0による入退出管理を行う予約駐車システムの試行を実施する。東名 足柄SA(上り)、新東名 静岡SA(上り・下り)、新名神 土山SA(上り・下り)では、ダブル連結トラック専用駐車マスにおいて、ETC2.0対応の路側機および電光表示板を設置。予約車以外を感知した場合には表示板に退出を誘導する表示をおこない、適切な利用を促す予約駐車システムの試行を実施する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 新東名で6車線運用、長泉沼津IC-藤枝岡部IC…ダブル連結トラック走行など 7月16日より 画像 新東名で6車線運用、長泉沼津IC-藤枝岡部IC…ダブル連結トラック走行など 7月16日より
  • ダブル連結トラック用の道路など、道路政策の質を向上する研究 国交省が支援を決定 画像 ダブル連結トラック用の道路など、道路政策の質を向上する研究 国交省が支援を決定
  • ヤマト運輸など、ダブル連結トラック8台を導入 運行路線を九州まで延伸 画像 ヤマト運輸など、ダブル連結トラック8台を導入 運行路線を九州まで延伸
  • 新東名高速 静岡SA・浜松SAの駐車場整備が完了 ダブル連結トラック優先駐車マスも設置 画像 新東名高速 静岡SA・浜松SAの駐車場整備が完了 ダブル連結トラック優先駐車マスも設置

特集

おすすめのニュース