牟岐線牟岐-海部間がバス代行に…阿佐海岸鉄道のDMV導入に伴なう措置 7月18日から約半年間

阿佐海岸鉄道に導入される3両のDMV。
  • 阿佐海岸鉄道に導入される3両のDMV。
  • 将来、阿佐東線の起点となる阿波海南駅の計画図。鉄道と道路を切り替えるモード・インター・チェンジが設けられ、牟岐線とは線路でつながらない模様。
  • 阿佐東線の終点・甲浦駅の計画図。ここから室戸市方面へ道路を走行。
  • DMV運行開始時は阿佐東線の駅となる海部駅の計画図。DMVのホームは若干移設される模様。
  • 阿佐東線DMVの運行路線図。

JR四国は6月15日、牟岐線牟岐~海部間で7月18日からおよそ半年間、バス代行を実施すると発表した。

これは、海部駅(徳島県海陽町)で牟岐線と連絡する阿佐海岸鉄道(阿佐東線)が、2020年度中に軌道と道路の両方を走行する「デュアル・モード・ビークル」(Dual Mode Vehicle=DMV)を導入することに伴なう措置。

阿佐東線のDMVは、牟岐線の阿波海南駅(海陽町)から阿佐海岸鉄道甲浦(かんのうら)駅(高知県東洋町)まで鉄道を、甲浦駅から室戸市まで道路を走行する計画で、関連する阿波海南、海部、甲浦の各駅では改良工事が行なわれる。

DMV運行により、阿波海南~海部間は阿佐東線に編入される予定だが、牟岐線は牟岐~海部間が1閉塞となっている関係で、阿波海南駅を終点とするには折返し用の軌道回路が必要となり、この設置工事などが鉄道を運休させて長期にわたり行なわれる。

なお、バス代行は2021年1月31日までを予定しているが、運行本数は鉄道と変わらない。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • DMVが関西に初お目見え…阿佐海岸鉄道の1両を京都鉄博で展示 11月30日-12月22日 画像 DMVが関西に初お目見え…阿佐海岸鉄道の1両を京都鉄博で展示 11月30日-12月22日
  • 阿佐海岸鉄道のDMV、全3両が出揃う…10月5日の完成イベントで公開 画像 阿佐海岸鉄道のDMV、全3両が出揃う…10月5日の完成イベントで公開
  • 阿佐海岸鉄道のDMVが初お披露目…青を基調とした「未来への波乗り」 3月9日 画像 阿佐海岸鉄道のDMVが初お披露目…青を基調とした「未来への波乗り」 3月9日
  • 阿佐海岸鉄道のDMVデザインと愛称が決定---鉄道と道路の両方を走行 画像 阿佐海岸鉄道のDMVデザインと愛称が決定---鉄道と道路の両方を走行

特集

おすすめのニュース