住友ゴム、「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」を締結 ゴム製品業界初

住友ゴム/ダンロップ(トヨタ・カローラ)
  • 住友ゴム/ダンロップ(トヨタ・カローラ)

住友ゴム工業は5月26日、三井住友信託銀行との間で、「ポジティブ・インパクト・ファイナンス(資金使途を特定しない事業会社向け融資タイプ)」の融資契約をゴム製品業界で初めて締結したと発表した。

ポジティブ・インパクト・ファイナンスは、企業活動が環境・社会・経済に及ぼすインパクト(ポジティブな影響とネガティブな影響)を包括的に分析・評価し、当該活動の継続的な支援を目的とした融資を実行するもの。SDGs達成への貢献度合いを評価指標として活用して開示することが最大の特徴だ。

住友ゴムグループは2008年から「Green(緑化)」「Ecology(事業活動の環境負荷低減)」「Next(次世代型技術・製品の開発)」「Kindness(人にやさしい諸施策)」「Integrity(ステークホルダーへの誠実さ)」の5つの枠組みからなるCSRガイドライン「GENKI」を掲げ、積極的にサステナビリティ活動を推進。また、2020年2月に公表した新中期経営計画にて「ESG経営の推進」を掲げ、事業活動を通じたSDGs達成への取り組みを推進している。今回、同社のSDGs達成に向けた取り組みが評価され、ポジティブ・インパクト・ファイナンスの契約締結に至った。

同社グループは、ポジティブ・インパクト・ファイナンス契約締結により、SDGsの目標達成へ向けた取り組みをより一層強化し、中長期的な企業価値の向上を引き続き目指していく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ブリヂストンと早大、W-BRIDGE委託研究先を決定…森林保全におけるSDGs達成など 画像 ブリヂストンと早大、W-BRIDGE委託研究先を決定…森林保全におけるSDGs達成など
  • アイシングループ、持続可能な社会実現への貢献に向けて7つのSDGs優先課題を選定 画像 アイシングループ、持続可能な社会実現への貢献に向けて7つのSDGs優先課題を選定
  • 氷上をEVカートがドリフト、SDGsに即した新モータースポーツを提案 日本EVクラブ 画像 氷上をEVカートがドリフト、SDGsに即した新モータースポーツを提案 日本EVクラブ
  • 住友ゴム、医療用ゴム手袋を政府に寄付 新型コロナウイルス感染症対策 画像 住友ゴム、医療用ゴム手袋を政府に寄付 新型コロナウイルス感染症対策

特集

おすすめのニュース