ZF、電動ドライブ「CeTrax」を今夏から量産へ…公共交通向け

ZFの電動セントラルドライブ「CeTrax」
  • ZFの電動セントラルドライブ「CeTrax」
  • ZFの電動セントラルドライブ「CeTrax」

ZFは5月18日、電動セントラルドライブの「CeTrax」の量産を、2020年第3四半期(7~9月)に開始すると発表した。

ZFは、公共交通のエミッションフリー化をできる限りシンプルかつフレキシブルに行うため、幅広い技術とノウハウで商用車メーカーを支援している。市バス用電動ドライブユニットの「AxTrax AVE」電動ポータルアクスルは、世界中のさまざまなメーカーにすでに採用されている。2020年第3四半期に量産を開始する予定のCeTrax電動セントラルドライブは、公共交通向けの電動ドライブの量産機種としては、2例目となる。

ZFのCeTraxは、「プラグ・アンド・ドライブ」アプローチに基づいて設計されている。そのため、既存のドライブラインのレイアウトに変更を加えることなく、容易に搭載することができる。また、ZFの他の電動ドライブと同様に、CeTraxはバッテリー、トロリー、スーパーキャパシタ、燃料電池などでの運用が可能だ。各社の新型車だけでなく、既存の車両にレトロフィットで電動化することもできる。これにより、車両メーカーやバス事業者は、市場ニーズや法規制に柔軟に対応することが可能になる。

このようなCeTraxの特長を評価して、ポーランドのバスメーカーのソラリス社が、CeTraxの導入を決定した。CeTraxは将来的に、『ウルビーノ15 LE エレクトリック』に動力を供給することになる。

なお、CeTraxは、ドイツ・フリードリヒスハーフェンで生産される。ZFは、電動化により将来のエミッションフリー公共交通の実現をサポートしていく、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース