札沼線廃止区間、一部の線路はトロッコの体験施設に活用か?…閉鎖作業が始まる

立入禁止の柵が立てられた浦臼町内の旧札的駅。
  • 立入禁止の柵が立てられた浦臼町内の旧札的駅。
  • 駅名標が取り外された浦臼町内の旧於札内駅。
  • 板張りのホームがあるだけの、新十津川町内の旧南下徳富駅。簡易な構造だけに、真っ先に取り壊されそうな気配だ。
  • 駅名標が取り外された旧浦臼駅。同駅は歯科医院が入居しているため、取壊しはされない模様。
  • 踏切撤去作業の様子。
  • 旧新十津川駅の観光案内所窓口。5月31日まで臨時休業との張り紙が。

JR北海道札沼線北海道医療大学~新十津川間47.6kmが5月7日、鉄道事業法上の廃止日を迎えた。

同線は当初、5月6日が運行最終日とされていたが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、4月15日にこれを4月24日に変更し、4月27日に沿線向けのラストラン列車を運行するとされたが、緊急事態宣言の全国への発出が決まった4月16日には急遽、翌4月17日に再変更、沿線向けのラストランも中止とされた。これにより、4月17日の新十津川10時発石狩当別行き5426Dがラストランとなり、その後は5月6日まで全列車が運休し、廃止日を迎えた。

2014年4月に廃止された岩手県のJR東日本岩泉線(茂市~岩泉)のように、自然災害などで休止となり、後に廃止となる例は過去にいくつもあったが、新型感染症の蔓延を理由に運行最終日を2度変更された末に、休止から廃止されたのは北海道医療大学~新十津川間が初となった。

5月6日に鉄道路線としての最終日を静かに迎えた同区間では、日付を跨いでからさっそく線路閉鎖作業が始まり、立入禁止用の柵設置や駅名標・駅名板の撤去、駅の閉鎖といった作業が進められている。

廃止後の鉄道用地は沿線に無償で譲渡されることになっているが、その活用方法は現時点で明らかにされていない。終点の新十津川駅周辺では、施設を撤去して農地に活用することが検討されているという報道があるが、一方で、石狩月形駅周辺では、線路を活用してトロッコの体験乗車を行なうことが検討されているという。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース