カーナビ代わりのアプリは「Googleマップ」、正確性より使いやすさがその理由

最も使っている携帯のナビアプリ
  • 最も使っている携帯のナビアプリ
  • 最も使っていると答えたナビアプリを選んだ理由

カーリース月額定額サービス「おトクにマイカー 定額カルモくん」を運営するナイルは、ナビアプリの利用実態調査を実施。最も利用されているナビアプリは、「Googleマップ」であることが明らかになった。

調査は、カーナビの代わりにナビアプリを使用する全国の男女424名に対してインターネットアンケートで実施。カーナビの代わりにナビアプリを使用している人のうち65%がGoogleマップを利用しているという結果になった。以下、「Yahooカーナビ」(14%)、「Yahooマップ」(8%)、「NAVITIME」(6%)の順。その他、「ポータブルスマイリングロード」や「Waze」「au助手席ナビ」などが挙がっていた。

そのナビアプリを選んだ理由については、41%が「見やすい・使いやすい・わかりやすい」と回答し、「ルートの正確性」(14%)よりも使い勝手の良さが多い結果となった。また、「使い慣れている」(13%)、「それ以外知らない」(10%)など、一度使用し始めたナビアプリは継続的に使用し、他のナビアプリに接触する機会も少ないようだ。少数派意見の中には「ポイントがたまり、プレゼントに応募できる」「無料で使えるから」「起動速度が速い」などが挙がっている。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース