VW、ドイツ本社工場で生産再開… まずは ゴルフ 新型から

フォルクスワーゲン(Volkswagen)は4月27日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の影響で休止していたドイツ・ヴォルフスブルク本社工場において、生産を再開した、と発表した。

再稼働の当初、生産されるのは新型『ゴルフ』だ。ゴルフの生産は1シフトで再開され、フル生産能力の10~15%に抑えられる。現在、約8000人の従業員が生産ラインに復帰している。

4月29日からは、『ティグアン』と『トゥーラン』などの生産を再開する予定だ。マルチシフトは翌週に再開する計画を掲げている。同時に、ドイツに拠点を置く約2600のサプライヤーがフォルクスワーゲンの本社工場向けに部品の生産を再開した。従業員の健康を守るための措置が大幅に強化されている。

ヴォルフスブルク本社工場での生産再開の最初の週には、約1400台がラインオフする見通し。マルチシフトになる翌週は、週あたり6000台以上に増加する予定だ。これは、新型コロナウイルスの感染拡大が始まる前の生産量の約40%に相当する。

これにより、販売店は顧客に車両を納車できるようになる。ディーラーの約70%がすでに営業を再開している。フォルクスワーゲン乗用車ブランドのラルフ ・ブランドシュテッターCOOは、「生産の段階的な再開は、労働力、ディーラー、サプライヤー、そしてより広い経済全体にとって重要なシグナル」と述べている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース