札沼線 北海道医療大学-新十津川間の運行は4月17日限り…緊急事態宣言の全国発出を受けて急遽、繰り上がる

2020年4月16日の新十津川駅。
  • 2020年4月16日の新十津川駅。
  • 2両編成の列車とありがとうの幟。2020年4月12日。
  • 3両編成の増結列車。2020年4月12日。

JR北海道は4月16日、緊急事態宣言が全国へ発出されることになったことを受けて、札沼線北海道医療大学~新十津川間の運行を4月17日限りで終了すると発表した。

同区間は5月7日の廃止が予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4月15日には一般営業運行を4月24日限りに変更することを発表。合わせて沿線4町民を対象にしたラストラン列車を4月27日に運行する予定としていた。

最終運行となる列車は新十津川10時発石狩当別行きとなり、以降の列車はすべて運休となる。沿線4町を対象にしたラストラン運行も中止される。

JR北海道では、「『緊急事態宣言』により対象地域を中心に外出自粛の要請が出ていることを十分ご理解いただき、町外からのご乗車、来駅、沿線での写真撮影等をお控えくださいますよう、重ねてお願い申し上げます」として、今回の決定に対して理解を求めている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース