運転免許証の更新期限を3カ月延期---期限4月30日まで対象 新型コロナウイルス

運転免許証(イメージ)
  • 運転免許証(イメージ)

警察庁は、新型コロナウイルスの感染拡大が続いているため、運転免許証の更新期限を延長する対象を拡大した。

免許証の更新期限が3月13日から4月30日までの人を対象に、更新期限前に運転免許センターや警察署に申し出ることで、更新期限後であっても3カ月は運転可能とする。これまでは有効期限が3月31日までを対象としていたが、新型コロナウイルス問題が終息していないため、対象を拡大した。

また、更新期限までに手続きができずに運転免許証が失効した場合、失効から3年以内で新型コロナウイルスが終息してから1カ月以内なら、学科試験・技能試験免除で運転免許を再取得できる。再取得に必要な手数料も減額される。

<追記> 警察庁は4月7日、新型コロナウイルスの感染拡大に対応して、運転免許証の有効期限を3カ月延長できる対象者を拡大した。
> 免許証の有効期限を延長、対象を7月末までに拡大

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 免許証の有効期限を延長、対象を7月末までに拡大 新型コロナウイルス 画像 免許証の有効期限を延長、対象を7月末までに拡大 新型コロナウイルス
  • 新型コロナウイルスで影響受けた上場企業1000社超 売上損失1兆円 画像 新型コロナウイルスで影響受けた上場企業1000社超 売上損失1兆円
  • 上場自動車関連メーカー、23社が業績予想を下方修正…新型コロナウイルスの影響で 画像 上場自動車関連メーカー、23社が業績予想を下方修正…新型コロナウイルスの影響で
  • 医療崩壊を防げ、療養病床キャンピングカーのレンタル開始 Japan C.R.C. 画像 医療崩壊を防げ、療養病床キャンピングカーのレンタル開始 Japan C.R.C.

特集

おすすめのニュース