高速道路のイノベーション、NEXCO中日本が研究テーマを決定…4月から2件の実証実験も

(イメージ)
  • (イメージ)
  • イノベーション交流会の2020年度の研究テーマ

NEXCO中日本は、イノベーション交流会で「高速道路のモビリティマネジメント」、「高速道路のインフラマネジメント」、「現場オペレーションの高度化」を2020年度の新たなテーマとして活動すると発表した(3月25日)。

NEXCO中日本では「i-MOVEMENT」の実現に向けて、コンソーシアム方式でオープンイノベーションを推進する組織として「イノベーション交流会」を2019年7月に設立、道路事業者や国内メーカーなど、80社を超える会員企業からの提案内容の実現性などを検討してきた。

2020年度はこれまでの活動状況を踏まえて、これまでの重点テーマを包含した新たなテーマとして「高速道路のモビリティマネジメント」、「高速道路のインフラマネジメント」、「現場オペレーションの高度化」と定めて検討する。

対象テーマを拡大して、実証メニューの創出、導入可能性などを検討して実用化を目指す。

また、交流会では今年2月に6件の実証を開始しているが、新たに提案された2件について4月から実証を開始する。

ドライブレコーダーやスマートフォンなどで撮影した画像や映像に画像認識技術を使って高速道路の路面状態把握・異常検知の実用性を実証と、三次元(点群)データを用いて構造物などの変状データによる管理技術要件と効果を抽出するためのシステム実証の2件を実施する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 東名高速のSA・PAで紙ストローを試行導入 NEXCO中日本 画像 東名高速のSA・PAで紙ストローを試行導入 NEXCO中日本
  • トイレ内の忘れ物や急病人を早期発見するセンサー、NEXCO中日本が本格導入へ 画像 トイレ内の忘れ物や急病人を早期発見するセンサー、NEXCO中日本が本格導入へ
  • 「音声」でドライバーに注意喚起、NEXCO中日本が開発…指向性スピーカーを用いて 画像 「音声」でドライバーに注意喚起、NEXCO中日本が開発…指向性スピーカーを用いて
  • 5Gを活用、高速道路でトラック隊列走行 実証実験が成功 画像 5Gを活用、高速道路でトラック隊列走行 実証実験が成功

特集

おすすめのニュース