JR九州、営業用車両で在来線検査業務を効率化…811系電車にカメラを搭載 4月1日から

『RED EYE』の名称が付けられる811系電車のイメージ。
  • 『RED EYE』の名称が付けられる811系電車のイメージ。
  • 『RED EYE』を使った業務イメージ。

JR九州は3月25日、営業用車両を利用した在来線の検査業務を4月1日から開始すると発表した。

これは検査業務の効率化を図るため、811系近郊型電車に「列車巡視支援システム」と「電車線路モニタリング装置」を搭載して行なわれるもの。

列車巡視支援システムは、2編成の前部にカメラを搭載。列車の動揺や支障物の有無を検知することで沿線の状態を自動判定するもので、国内の鉄道では初の導入になるという。

電車線路モニタリングシステムは、1編成の屋根上に4Kカメラを搭載することで架線など電車線設備の検査を、目視から事業所での動画を通したものに置き換えるもので、線路に接近しての作業が減ることで係員の安全性向上につながるとしている。鉄道車両に4Kカメラが搭載されるのも初のケースだという。

これらのシステムに使われるカメラを搭載した811系には『RED EYE』という名称が付けられることになっており、現在、商標権の取得を申請しているという。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース