佐川/JP/ヤマト、3社共同の村営バスによる貨客混載を開始…全国初

位置図
  • 位置図
  • ホイホイ便のイメージ

佐川急便、日本郵便、ヤマト運輸と日本工営は、宮崎県西米良村の村営バスによる、貨客混載を経由した配送事業「カリコボーズのホイホイ便」の本格運行を3月23日よりスタートした。

ホイホイ便は、西米良村の中心部である村所地区から小川地区までの約21kmの区間で、旅客と宅配荷物を村営バスに載せた貨客混載として運行したのち、小川地区で村の委託配達員が村営バスから宅配荷物を受取り、各戸へ配達する。

西都市~西米良村(村所驛)間では、宮崎交通とヤマト運輸、日本郵便による貨客混載が既に実施されており、ホイホイ便の運行開始により、西米良村は複数の貨客混載を運行する地域となる。ホイホイ便は、各社の宅配荷物の共同配送のほか、地区住民や村内事業者が、村所地区と小川地区の間で荷物の輸送を行う手段としても活用する。

貨客混載の取組は、既に全国各地で実施されているが、佐川急便、日本郵便、ヤマト運輸の3社が共同で実施する取組は全国初。また、村営のコミュニティバス(白ナンバー)で実施することは画期的な取組となる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース