ダイムラー、欧州生産の大部分を2週間停止…新型コロナウイルス

メルセデスベンツのドイツ・ウンターテュルクハイム工場
  • メルセデスベンツのドイツ・ウンターテュルクハイム工場
  • ドイツ、ハンブルク市内(3月17日)

ダイムラー(Daimler)は3月17日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大を受けて、欧州での生産の大部分を2週間停止することを決定した、と発表した。

生産の一時停止は、ダイムラーの欧州の乗用車、バン、商用車の工場に適用され、今週から開始される。これにより、ダイムラーは、世界、ドイツ、地方当局の推奨事項に従う。ダイムラーはいつでも、従業員の感染を防ぐために、適切な予防措置を講じるという。

工場の一時休止により、ダイムラーは従業員を保護し、新型コロナウイルスの感染拡大を防止することに貢献する。同時に、一時的に新車需要が落ち込むことに備えて、財務力を維持していく。

ダイムラーは、経営陣は状況を常に監視しており、必要に応じて、さらなる措置を講じる。状況が改善すると、工場の生産を再開する、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース