ヤマハ発動機、リンゴ自動収穫ソリューション開発の米スタートアップ企業へ追加出資

Abundant Robotics社の自動りんご収穫機
  • Abundant Robotics社の自動りんご収穫機
  • りんごを専用アームで吸い込む収穫の様子

ヤマハ発動機は3月17日、米国でリンゴ自動収穫ソリューションを開発するスタートアップ企業「Abundant Robotics(AR社)」に対し、250万米ドル(約2億7000万円)の追加出資を行ったと発表した。

ヤマハ発動機は2016年、AR社に25万米ドル(約2700万円)の出資を行い、関係をスタート。その後、両社の間で協業について協議を行ってきたが、今回合意に至り、追加出資を決定した。

今回の出資は、CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)活動を行うグループ会社Yamaha Motor Ventures & Laboratory Silicon Valley(YMVSV)の活動を通じて実現したもので、農業自動化に向けた技術開発が目的。今後も同社は、ロボティクス技術や無人機システムの開発の加速を通じて、農業分野の省人化・自動化への貢献を目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース