ダイムラーの新開発EV大型トラック、実証テストを拡大へ…2021年後半発売予定

ダイムラートラックのeカスケーダとeM2
  • ダイムラートラックのeカスケーダとeM2

ダイムラートラック(Daimler Trucks)は3月4日、新開発のEV大型トラックの北米における実証テストを拡大すると発表した。

この新開発のEV大型トラックは、ダイムラートラック傘下のフレートライナーブランドの「カスケーダ」がベースだ。車名は『eカスケーダ』を名乗る。

eカスケーダには、最大出力730hpを発生するモーターを搭載する。バッテリーは蓄電容量550kWhと大容量だ。この効果で、1回の充電での航続は、最大400kmに到達する。バッテリーは容量の8割(約320km走行分)を充電するなら、90分以内に済む。

もう1車種の新開発のEV大型トラックは、フレートライナー『eM2』。主に、配送業務と個人宅配サービスを対象に開発された。モーターは最大出力480hp。バッテリーは蓄電容量325kWhで、eM2は最大約370kmの航続を持つ。バッテリーの充電は8割(約300km走行分)なら、60分以内に完了する。

eカスケーダとeM2は、2021年後半に発売される予定だ。ダイムラートラックは、eカスケーダとeM2の北米における実証テストを拡大し、量産の開始に向けて、実用性を確認していく。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • メルセデスベンツの新型EVトラック、『eEconic』…2022年から生産へ 画像 メルセデスベンツの新型EVトラック、『eEconic』…2022年から生産へ
  • 三菱ふそうのEVトラック『eキャンター』、全世界で延べ100万kmを走行…地球25周分に相当 画像 三菱ふそうのEVトラック『eキャンター』、全世界で延べ100万kmを走行…地球25周分に相当
  • ヤマト運輸、EVウォークスルートラックのモニター稼働開始…「グリーン物流」実現へ 画像 ヤマト運輸、EVウォークスルートラックのモニター稼働開始…「グリーン物流」実現へ
  • ZF、小型商用車向けシャシー部品の供給を拡大…欧州メーカーに適合 画像 ZF、小型商用車向けシャシー部品の供給を拡大…欧州メーカーに適合

特集

おすすめのニュース