東レ、水素・燃料電池用核心部材の新工場をドイツに新設

3月2日にアルゼナウ工業エリアで執り行われたGNT新工場の起工式
  • 3月2日にアルゼナウ工業エリアで執り行われたGNT新工場の起工式

東レは、水素・燃料電池用部材を開発・製造・販売するドイツ子会社Greenerity GmbH(GNT)の第2工場を新設すると発表した。稼働開始は2021年11月の予定。

第2工場には、水素・燃料電池の核心部材である触媒付き電解質膜「Catalyst Coated Membrane(CCM)」および膜・電極接合体「Membrane Electrode Assembly(MEA)」を効率的に生産する設備を導入。フル生産時には、両製品合わせて年間約1000万枚の生産を行う計画だ。

地球温暖化防止のための低炭素化について、各国ではパリ協定や国連の「持続可能な開発目標 (SDGs)」に掲げられた世界的目標の達成に向けて、ガソリン車・ディーゼル車など内燃機関自動車のCO2排出抑制に関する政策の導入や法制化を進め、具体的な規制・基準を打ち出している。

そのため、欧州、中国地域では、大手ティア1や自動車メーカーが、バス、トラック、デリバリーカーなどの商用車向けのレンジエクステンダーや乗用車向けを含む燃料電池車に使用する水素・燃料電池分野へ本格参入。東レはGNTの第2工場新設により、拡大するCCM、MEAの需要に対応する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース