BMWの次世代EV『iNEXT』、最新プロトタイプの画像…2021年に発売予定

航続は600kmを超える

新開発の曲面デジタルコクピット

自動運転を想定した多角形ステアリングホイール

南アフリカで耐熱テスト

5Gテクノロジー搭載

BMW iNEXT の開発プロトタイプ
  • BMW iNEXT の開発プロトタイプ
  • BMW iNEXT の開発プロトタイプ
  • BMW iNEXT の開発プロトタイプ
  • BMW iNEXT の開発プロトタイプ
  • BMW iNEXT の開発プロトタイプ
  • BMW iNEXT の開発プロトタイプ
  • BMW iNEXT の開発プロトタイプ
  • BMW iNEXT の開発プロトタイプ

BMWグループは2021年に発売予定の次世代EVの『iNEXT』(BMW iNEXT)の最新プロトタイプの画像を公開した。

航続は600kmを超える

BMWグループは2018年秋、米国で開催されたロサンゼルスモーターショー2018において、EVコンセプトカーのBMW『ヴィジョンiNEXT』をワールドプレミアした。その市販版がiNEXTとなり、2021年からドイツ・ディンゴルフィン工場で生産を行う予定だ。iNEXTは、クロスオーバーEVとなる。

iNEXTには、BMWグループのEVパワートレイン、「eDrive」の最新バージョンを搭載する。1回の充電での航続は、600kmを超える予定だ。さらに、iNEXTでは、将来のモビリティのための重要な技術を、1台の車に統合する。iNEXTはピュアEVで、最新のコネクティビティを採用し、高度な自動運転も可能にする。BMWグループによると、レベル3の自動運転を実現するという。

新開発の曲面デジタルコクピット

iNEXTでは、新開発のデジタルコクピットを採用する。このデジタルコクピットは、大型のカーブディスプレイが特長だ。情報を表示する部分とコントロール部分に分けられており、高い視認性と直感的なタッチコントロール性を実現しているという。また、ディスプレイのコントロール部分は、助手席側からもはっきり見える設計とした。BMW iNEXT の開発プロトタイプ

カーブディスプレイのデザインは、現代の家電テクノロジーからインスピレーションを得たもの。スリムなマグネシウム製ブラケットで固定されている。無反射ガラスを使用し、フードなしでも光を遮ることを可能にした。

自動運転を想定した多角形ステアリングホイール

また、BMWグループはこのiNEXTに、新開発のポリゴナル・ステアリングホイールを採用する。多角形の幾何学デザインとなっており、自動運転と手動運転を切り替えられるiNEXTに最適な形状を目指した。

BMWグループによると、通常の円形デザインと比較して、ステアリングホイールの操舵角を、ドライバーが認識することを容易にするという。自動運転から手動運転に切り替わった時、ドライバーは視覚的にも、また手に触れたグリップ部分の形状からも、現在の舵角を瞬時に認識できるようにした。

ステアリングホイールのサイドに組み込まれた光ファイバーは、発光によって高度な自動運転が利用可能であることをドライバーに知らせる。さらに、フラットボトムの形状は乗降性を向上させるとともに、アクティブクルーズコントロールを使用している際には、ドライバーが両脚を曲げることができるよう配慮している。

5Gテクノロジー搭載

iNEXTには、5Gテクノロジーが搭載される。BMW はiNEXT にSIMカードを内蔵させ、5G機能を提供する。次世代の5Gテレマティクスコンポーネントは、サムスン、その傘下のハーマンと共同開発されている。

5Gテクノロジーは、レベル3以上の高度な自動運転に不可欠という。自動運転を含めた車両の非常に複雑な機能は、車両自体でリアルタイムに処理され、データ量の増加に対応する。

5Gテクノロジーは、iNEXTのエンターテインメント機能や快適機能も強化する。iNEXTの車内では、最大4Kの解像度で高品質な映像コンテンツを楽しむことができる。高速大容量データ通信と低遅延の両方を必要とするテレビ会議も可能にする。また、ゼロ遅延ストリーミングのおかげで、クラウドベースのゲームも楽しめるという。

また、BMWグループはiNEXTに、「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」を搭載する。ドライバーは運転中、「ハイ、BMW」と呼びかけることにより、音声アシストが起動し、ドライバーが求めるさまざまな機能や情報に、安全にアクセスできる。

南アフリカで耐熱テスト

BMWグループは今回、iNEXTの最新プロトタイプの画像を公開した。南アフリカの砂漠地帯において、耐熱テストに取り組んでいる。このプログラムでは、極端な熱と太陽光、塵、砂、小石、砂利道などの厳しい環境下において、iNEXTの駆動系やサスペンションコンポーネント、安全性や耐久性、信頼性、ボディ、インテリア、ドライバーアシスタンスシステム、デジタルテクノロジーなどをテストする。

南アフリカ北西部の砂漠とサバンナ地域では、極端な条件下での理想的なテストが行える。砂丘、砂利道、オフロード路でのテストによって、iNEXTの4WDシステム、高電圧バッテリー、電気モーター、電子機器の冷却性能などを確認する。空調性能の確認も、重要なテーマになる。

開発エンジニアは、電気システムの操作性だけでなく、室内で使用される素材の温度安定性もテストする。また、カラハリ砂漠では、ドアやボンネットなどの防塵性をテストする。未舗装の道路、砂丘、砂浜での数千kmを超えるテスト走行中、多くのほこりを巻き上げても、室内に侵入することはない、としている。

動物・ペットのリアルを伝える新メディア 「REANIMAL」(リアニマル)

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース