日産が有価証券報告書の虚偽記載 金融庁が課徴金納付を命令

ベイルートで記者会見に臨むゴーン被告(1月8日)。
  • ベイルートで記者会見に臨むゴーン被告(1月8日)。

金融庁は2月28日、日産自動車に対して有価証券報告書の虚偽記載に対して課徴金24億円の納付命令を決定したと発表した。

日産が有価証券報告書に、カルロス・ゴーン元会長の役員報酬を少なく偽って記載していたとして、証券取引等監視委員会が課徴金納付命令を金融庁に勧告したのを受けて、2019年12月13日に審判手続き開始を決定。日産は有価証券報告書に虚偽記載して金融商品取引法に違反していた事実を認めたことから、今回、金融庁は課徴金納付命令を決定した。

課徴金は24億2489万5000円。

動物・ペットのリアルを伝える新メディア 「REANIMAL」(リアニマル)

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 日産、カルロス・ゴーン元会長に100億円の損害賠償を請求 画像 日産、カルロス・ゴーン元会長に100億円の損害賠償を請求
  • ゴーン被告の日本の刑事司法制度批判 森法相「看過できない」 画像 ゴーン被告の日本の刑事司法制度批判 森法相「看過できない」
  • ゴーン氏逃亡「極めて遺憾」、日産がコメント…損害賠償手続きなどは継続 画像 ゴーン氏逃亡「極めて遺憾」、日産がコメント…損害賠償手続きなどは継続
  • 新型コロナウイルスどこ吹く風? トヨタが中国・天津に1300億円投資で新工場建設へ[新聞ウォッチ] 画像 新型コロナウイルスどこ吹く風? トヨタが中国・天津に1300億円投資で新工場建設へ[新聞ウォッチ]

特集

おすすめのニュース