阪神電鉄に「野球」のラッピング電車…黄色い「タイガース号」と緑の「甲子園号」

阪神電気鉄道(阪神)は2月21日、兵庫県西宮市の武庫川駅と武庫川団地前駅を結ぶ武庫川線で、阪神タイガースと阪神甲子園球場にちなんだ「野球」テーマのラッピング電車を5月末から運行すると発表した。

これは、武庫川線の沿線がプロ野球・阪神タイガースの本拠地である阪神甲子園球場や鳴尾浜球場に近いことにちなんだもの。

現在、武庫川線では旧型車両の7861形、7890形が運用されているが、これを本線や神戸高速鉄道線の各駅停車に運用していた5500系に置き換えることになり、8両の転用改造が計画された。そのうち先行して改造を終えた4両がラッピング電車化された。

このうち5513+5913の2両編成は阪神タイガースをイメージした「タイガース号」とされ、黄色と黒をベースとした塗色に。5914+5514の2両編成は阪神甲子園球場をイメージした「甲子園号」とされ、球場の蔦や芝、白線をイメージした緑と白をベースとした塗色になっている。

なお、改造中の残る4両についても後日、デザインテーマが発表されることになっている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース