コンチネンタル、先進運転支援システムの新工場を建設へ

コンチネンタルの先進運転支援システム向けレーダー
  • コンチネンタルの先進運転支援システム向けレーダー

コンチネンタル(Continental)は2月6日、米国テキサス州に先進運転支援システム(ADAS)の新工場を建設すると発表した。

新工場建設の目的は、レーダーセンサーの生産能力を拡大すること。コンチネンタルは新工場の建設に、今後3年間で約1億ユーロを投資する予定だ。2万平方mの広大な敷地で、高度な先進運転支援システムを生産する。起工式は2020年中頃に計画されており、2021年にレーダーセンサーの生産を開始する予定だ。

センサー、ソフトウェア、インテリジェントなコネクティビティは、高度な先進運転支援システムの基盤だ。 テクノロジー企業のコンチネンタルは、20年以上前にこれらのシステムの研究を開始した。 過去5年間だけでも、コンチネンタルはこの分野に数百万ユーロを投資している。

米国の自動車メーカーは、緊急ブレーキアシストやアダプティブクルーズコントロールなどの技術に、コンチネンタルのレーダーセンサーを使用している。高度な先進運転支援システムは、すでに数百万人のドライバーをサポートしている。

コンチネンタルの顧客には、国内外の多くの自動車メーカーが含まれている。コンチネンタルは、この分野の売上高が2020年度に20億ユーロを超える、と予想している。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【池原照雄の単眼複眼】トヨタ、リアルワールドの先進技術実証タウン…投資額1000億円超のプロジェクトに 画像 【池原照雄の単眼複眼】トヨタ、リアルワールドの先進技術実証タウン…投資額1000億円超のプロジェクトに
  • ボッシュ、電動化や自動運転に10億ユーロ以上を投資へ…2020年計画 画像 ボッシュ、電動化や自動運転に10億ユーロ以上を投資へ…2020年計画
  • 世界初の自動運転MaaSの実証実験---ZMPなど7社、羽田・成田と丸の内を結んで 画像 世界初の自動運転MaaSの実証実験---ZMPなど7社、羽田・成田と丸の内を結んで
  • 自動運転車の事故、事後処理はどうする? サポートセンターのデモ展示…オートモーティブワールド2020 画像 自動運転車の事故、事後処理はどうする? サポートセンターのデモ展示…オートモーティブワールド2020

特集

おすすめのニュース