列車待ちに充電可能…小田急新宿駅にUSBポート付きベンチ 1月29日から

「チャージングベンチ」の外観イメージ。充電できることをイメージさせる大型アイコンを配しているほか、従来のベンチより座面を50mm高くして、立ち上がった時の負担を軽減する。寸法は長さ1515・高さ450・奥行400mm。
  • 「チャージングベンチ」の外観イメージ。充電できることをイメージさせる大型アイコンを配しているほか、従来のベンチより座面を50mm高くして、立ち上がった時の負担を軽減する。寸法は長さ1515・高さ450・奥行400mm。
  • 「チャージングベンチ」のUSBポート。肘掛け1つにつき2口設置される。

小田急電鉄(小田急)は1月23日、特急ロマンスカーが発着する新宿駅2・3番ホームに、USBポート付きのベンチを1月29日から設置すると発表した。

このベンチは、東京都渋谷区に本社を置くアドセック株式会社が開発した「チャージングベンチ」と呼ばれるもの。

既存のベンチ10台を置き換える形で設置され、1台につき2つある肘掛けに各2口(計4口)のUSBポートを備えている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース