ルノー世界販売、アルピーヌは新型 A110 効果で2.3倍に 2019年

アルピーヌ A110S
  • アルピーヌ A110S
  • ルノー・メガーヌ
  • ルノー・クリオ(日本名:ルーテシア)
  • ルノー・セニック
  • ルノー・コレオス

ルノーグループ(Renault Group)は、2019年の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は375万3723台。前年比は3.4%減と、7年ぶりに前年実績を下回った。

全販売台数375万3723台の主な内訳は、乗用車が前年比4.1%減の312万9434台と、2年連続のマイナス。一方、LCV(小型商用車)は、0.7%増の62万4289台とプラスを維持した。

またブランド別では、ルノーが前年比6.9%減の235万7093台と、2年連続で減少した。ダチアは前年比5.1%増の73万6570台と、引き続き前年実績を上回る。韓国のルノーサムスンは、6.9%減の7万9081台と、3年連続で減少した。2017年に傘下入りしたロシアのラーダは2019年、3.6%増の41万2889台と、3年連続で伸びた。アルピーヌは、新型『A110』効果で、前年のおよそ2.3倍の4835台を販売した。

市場別実績では、欧州が堅調だった。2019 年のルノーグループの欧州新車販売は194万5821台で、前年比は1.3%増と7年連続で前年実績を上回った。地元フランスでの市場シェアは、25.9%としている。

国別の販売台数ベスト5は、フランスが69万8723台で引き続き首位となり、前年比は1.3%増だった。以下、ロシアが50万8647台、ドイツが24万7155台、ブラジルが23万9174台、イタリアが22万0403台で続いている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース