ランボルギーニ、ジュネーブモーターショー2020への出展を見送り…特別イベントで新型車発表へ

ランボルギーニ ウラカンEVO スパイダー(ジュネーブモーターショー2019)
  • ランボルギーニ ウラカンEVO スパイダー(ジュネーブモーターショー2019)
  • ランボルギーニ ウラカンEVO スパイダー(ジュネーブモーターショー2019)
  • ランボルギーニ・アヴェンタドール SVJ ロードスター(ジュネーブモーターショー2019)

ランボルギーニ(Lamborghini)は、3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2020への出展を見送ると発表した。

ランボルギーニは、前回のジュネーブモーターショー2019において、『ウラカン・エボ・スパイダー』をワールドプレミアした。同車は、ランボルギーニ『ウラカン・スパイダー』の初の大幅改良モデルだ。大幅改良を機に、進化形であることを意味する「エボ」の名前が冠された。

また、前回のジュネーブモーターショー2019では、『アヴェンタドールSVJロードスター』もワールドプレミアされた。車名の「SV」とは、スーペルヴェローチェ(英語でスーパーファスト)を意味し、ランボルギーニの高性能車に冠されてきた伝統のネーミングだ。アヴェンタドールSVJロードスターは、最新の『アヴェンタドール ロードスター』をベースに、さらなる高性能が追求された。

前回は2車種をワールドプレミアしたランボルギーニだが、今年はジュネーブモーターショー2020への出展を見送る。ランボルギーニは、顧客とメディア向けの特別イベントにおいて、ニューモデルを発表する、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • フェラーリ、『ローマ』の詳細を発表…620馬力の 2+クーペ 画像 フェラーリ、『ローマ』の詳細を発表…620馬力の 2+クーペ
  • マクラーレン、620馬力の『620R』発表…GT4レーサーの公道バージョン 画像 マクラーレン、620馬力の『620R』発表…GT4レーサーの公道バージョン
  • 【フェラーリ F8トリブート 海外試乗】乗り心地の良さとドライバーをニヤつかせる挙動が共存…九島辰也 画像 【フェラーリ F8トリブート 海外試乗】乗り心地の良さとドライバーをニヤつかせる挙動が共存…九島辰也
  • マセラティ グラントゥーリズモ 現行型に最終ワンオフ、12年の歴史に幕…次期型はEVに 画像 マセラティ グラントゥーリズモ 現行型に最終ワンオフ、12年の歴史に幕…次期型はEVに

特集

おすすめのニュース