プーチン大統領の次期専用車か?ロシアのロールスロイス、初のSUVをスクープ

アウルス コマンダント(Aurus Komandant)開発車両 スクープ写真
  • アウルス コマンダント(Aurus Komandant)開発車両 スクープ写真
  • アウルス コマンダント(Aurus Komandant)開発車両 スクープ写真
  • アウルス コマンダント(Aurus Komandant)開発車両 スクープ写真
  • アウルス コマンダント(Aurus Komandant)開発車両 スクープ写真
  • アウルス コマンダント(Aurus Komandant)開発車両 スクープ写真
  • アウルス コマンダント(Aurus Komandant)開発車両 スクープ写真
  • アウルス コマンダント(Aurus Komandant)開発車両 スクープ写真
  • アウルス コマンダント(Aurus Komandant)開発車両 スクープ写真

ロシアが国家的威信をかけ、「コーテージ」(儀式の行列)プロジェクトとして開発したブランド、「Aurus」(アウルス)から初のクロスオーバーSUVとなる『Komandant』(コマンダント)。そのプロトタイプをカメラが初めて捉えた。

アウルスは、「Aura」(オーラ)、「Aurum」(ラテン語で金)、「Rus」(ロシア)を融合させた造語だ。2013年からプロジェクトが進み、ポルシェなども開発に参加している。2018年にはロールスロイスを意識した最高級リムジン『Senat』(セナート)が登場、プーチン大統領専用車としてそれまでのメルセデスベンツ『W221プルマン』から変更された。

輸送中のプロトタイプは、Cピラーやテールライトに開発途中の様子が伺える。しかし、ヘッドライトの内部ユニット、威圧感のある大型グリル、コーナーエアインテークなど、ベースとなっているセナート同様のデザインが見てとれる。またコックピットには、最先端のデジタルクラスタ、インフォテイメントシステムなどを確認することができる。


パワートレインは、4.4リットルV型8気筒エンジンを搭載。最高出力598ps、最大トルク880Nmを発揮するハイブリッドで、9速ATトランスミッションと組み合わされ、全輪駆動システムと連動するという。

市販型のワールドプレミアは未定だが、2022年から生産開始と予想されており、プーチン大統領の新専用車になる可能性もあるようだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース