ユニプレス、超ハイテン材を使用した超難成形部品など紹介予定…オートモーティブワールド2020

車体骨格部品(イメージ)
  • 車体骨格部品(イメージ)

ユニプレスは、1月15日から17日まで東京ビッグサイトで開催される「第12回オートモーティブワールド クルマの軽量化 技術展」に出展する。

オートモーティブワールドは、自動運転、クルマの電子化・電動化、コネクティッドカー、軽量化など、自動車業界における重要なテーマの最新技術が約1100社により展示される、クルマの先端技術分野にて世界最大の展示会だ。

ユニプレスは、車体の軽量化に貢献する超ハイテン材(1.2GPa、980MPa 高延性材等)を使用した超難成形部品やホットスタンプ部品などの車体骨格部品をはじめ、EV車用大型バッテリーケース、トランスミッション用精密プレス部品、樹脂プレス部品などを展示する予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • パイオニア、先進安全運転支援システムやクラウド型運行管理サービスなど紹介予定…オートモーティブワールド2020 画像 パイオニア、先進安全運転支援システムやクラウド型運行管理サービスなど紹介予定…オートモーティブワールド2020
  • UL、車載機器EMC試験や 無線試験・認証などを紹介予定…オートモーティブワールド2020 画像 UL、車載機器EMC試験や 無線試験・認証などを紹介予定…オートモーティブワールド2020
  • マツダ3 新型に、世界初となる1310MPaハイテン採用…新日鉄住金とマツダが共同開発 画像 マツダ3 新型に、世界初となる1310MPaハイテン採用…新日鉄住金とマツダが共同開発
  • インフィニティ QX50、高成形性980MPa級超ハイテン材を世界初採用 軽量化に貢献 画像 インフィニティ QX50、高成形性980MPa級超ハイテン材を世界初採用 軽量化に貢献

特集

おすすめのニュース