手頃な価格の自動運転、ZFがレベル2+のシステム発表へ…CES 2020

ZFのレベル2+の自動運転システム「coASSIST」
  • ZFのレベル2+の自動運転システム「coASSIST」
  • CES 2020

ZFは1月7日(日本時間1月8日未明)、米国ラスベガスで開幕するCES 2020において、自動車業界で最も手頃な価格のレベル2+の自動運転システム、ZF 「coASSIST」を初公開すると発表した。

ZFは、高度な安全機能と利便性を提供するレベル2+の部分自動システムに注力している。パートナーと協力して、自動車業界で最も手頃な価格のレベル2+システムを開発した。 ZFによると、1000ドル(約11万円)以下の価格で販売するという。

ZFのcoASSISTは、モジュール式のレベル2+のハードウェア&ソフトウェアだ。2020年からZFはアジアの主要自動車メーカー向けに、この新しいcoASSISTシステムを納入する。

レベル2+の部分自動運転システムでは、カメラやレーダーなどの高度なセンサーと中央の電子制御ユニットを組み合わせることにより、アダプティブクルーズコントロール、交通標識認識、車線変更支援、車線維持支援、渋滞支援などの機能を可能にする。

ZFのcoASSISTシステムは、ユーロNCAPの2024年のテスト基準を満たす。ZFは、これらのシステムを手頃な価格にすることは、市場への浸透を促進し、システムの利点を消費者により迅速にもたらすために重要、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • BMW、先進運転支援システムなどの後付けを可能に…最新デジタルサービス導入 画像 BMW、先進運転支援システムなどの後付けを可能に…最新デジタルサービス導入
  • 後付けのペダル踏み間違い加速抑制装置、2020年夏以降に商品化 トヨタとダイハツは先行 画像 後付けのペダル踏み間違い加速抑制装置、2020年夏以降に商品化 トヨタとダイハツは先行
  • トヨタ、後付け「踏み間違い加速抑制システム」の対象車種を順次拡大へ 画像 トヨタ、後付け「踏み間違い加速抑制システム」の対象車種を順次拡大へ
  • メルセデスベンツの車載コネクト、メーカーオプションの後付け購入が可能に 欧州 画像 メルセデスベンツの車載コネクト、メーカーオプションの後付け購入が可能に 欧州

特集

おすすめのニュース