NEXCO中日本、台湾のSA運営に参入 「和」をテーマにした飲食物販フロア開設へ

台湾 清水SA(参考画像)
  • 台湾 清水SA(参考画像)

NEXCO中日本と中日本エクシスは12月25日、台湾のフォルモサ高速公路3号(高速道路)にある清水(チンスイ)サービスエリア(SA)の運営に参入すると発表した。日本の高速道路会社が台湾のSA運営に参入するのは初となる。

清水SAは台湾中部に位置し、全14か所のSAの中で面積、売上ともに最大規模の施設。そのSA内にある商業施設(3階建)の3階フロアに2020年1月18日、「和」をテーマにした飲食物販ブースを合計6店舗オープンする。

台湾では日本食の人気が高いことから、飲食ブース(5店舗)では、東名 EXPASA海老名(上り)で人気の「らーめん大山(たいざん)」や、生乳を使用したソフトクリームなど、現地の利用客に「和」を味わってもらうことのできるメニューを展開。回転寿司、うどん、丼もの、ラーメンなどを取り揃える。また物販ブースでは、日本各地のお菓子や雑貨など、様々な商品を用意する。

リニューアルオープン当日の2020年1月18日には、オープニングセレモニーを開催。あわせて、公路局と中日本エクシスは、台湾の清水SAと新東名 清水パーキングエリアが同じ表記であることから、情報交換や相互集客を行う姉妹提携協定の締結式を実施する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 住友商事、台湾最大手EVバスメーカーへ出資参画 画像 住友商事、台湾最大手EVバスメーカーへ出資参画
  • ヤマハ発動機、Eバイク先進国台湾で新型電動スクーターを発売…ゴゴロベース 画像 ヤマハ発動機、Eバイク先進国台湾で新型電動スクーターを発売…ゴゴロベース
  • 「ロータスおじさん」、新東名 NEOPASA清水に出没中 1月15日まで 画像 「ロータスおじさん」、新東名 NEOPASA清水に出没中 1月15日まで
  • 日本一行列ができる立ち食いそば「港屋」がメルセデスと“共演” 新メニュー 画像 日本一行列ができる立ち食いそば「港屋」がメルセデスと“共演” 新メニュー

特集

おすすめのニュース