横浜ゴム、ターンパイク箱根にポルシェクラシックカー向けタイヤを期間限定で展示

横浜ゴムは、ポルシェセンター青山と共同で、アネスト岩田ターンパイク箱根にて、ポルシェクラシックカー向けタイヤの展示を開始した。

ターンパイク箱根の終点に位置するアネスト岩田スカイラウンジは、ヒストリックカーをはじめとした自動車愛好家が集まる場として知られる。ギャラリースペースに設置した展示コーナーでは、2019年8月より販売を開始した「YOKOHAMA A-008P」や 同年7月より販売を開始した「G.T.SPECIAL CLASSIC Y350」など、ヒストリックカー向けのタイヤを中心に展示。横浜ゴムは、より多くのヒストリックカーオーナーに製品をアピールする。なお、展示は2020年4月末までの期間限定となる。

YOKOHAMA A-008Pは、1980~90年代当時のポルシェスポーツモデルに採用されていたポルシェ新車装着用タイヤの復刻商品。ポルシェ社とポルシェクラシックカー向けに共同開発したもので、タイヤサイドには同社の承認を示す「N0」のマークが刻印されている。G.T.SPECIAL CLASSIC Y350は1960~70年代の日本や欧州の歴史的な車に相応しいクラシックな外観に加え、進化した現代技術によりヒストリックカーの乗り味を損なわないマイルドな乗り心地と安全性を提供する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース