複数メーカーのデジタコに対応するトラック運行管理システム SGシステムが開発

「Biz-Fleet」導入イメージ
  • 「Biz-Fleet」導入イメージ
  • 「Biz-Fleet」導入イメージ
  • IT点呼のイメージ

SGホールディングスグループでIT統括事業を手がけるSGシステムは12月23日、複数メーカーのデジタコ(デジタル式運行記録計)に対応可能なクラウド型運行管理システム「Biz-Fleet」を佐川急便の営業所に導入し、1月から運用開始すると発表した。

トラック運送事業者は、貨物自動車運送事業法、道路交通法など、各種関係法令を遵守することによる輸送の安全確保を目的に、速度超過などドライバーの運転情報も記録され、個々のドライバーの運転特性や癖などを把握できるデジタコを活用している。

デジタコメーカーが提供する運行管理システムには互換性がないため、運送事業者は一度デジタコを導入すると、良い機能が搭載された別メーカーのデジタコが発売されても変更できない。

今回SGシステムが開発したクラウド型運行管理システム「Biz-Fleet」は、複数メーカーのデジタコと連携可能で、1つのシステムでさまざまなメーカーのデジタコデータを管理できる。ドライブレコーダーやカーナビ、スマートフォンなど、他のIoTデバイスとも連携可能で、取得したさまざまな車両情報をクラウドシステム上で集約・管理し、総合的な運行管理を行うことが可能になる。

佐川急便の一部営業所で「Biz-Fleet」を導入して検証した結果、カメラ付きのデバイスを活用することによる点呼業務の効率化や、ドライバーが手書きしていた運転日報をスマホ入力に対応することによる業務効率化、デジタコデータから作成した「ヒヤリハットマップ」を用いた安全指導の向上などが確認できたとしている。

このため、初期導入として佐川急便の34営業所にシステムを導入する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ナビタイム、法人向け運行管理サービスの巡回経路検索を強化 画像 ナビタイム、法人向け運行管理サービスの巡回経路検索を強化
  • NEDO、ドローン運行管理システムの相互接続試験に成功…同一区域内で同時に37機が飛行 画像 NEDO、ドローン運行管理システムの相互接続試験に成功…同一区域内で同時に37機が飛行
  • パイオニア、クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」に加減点方式の運転評価機能など追加 画像 パイオニア、クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」に加減点方式の運転評価機能など追加
  • 【スズキ ハスラー 新型】日常の中にアウトドアが融合するスタイルへ 画像 【スズキ ハスラー 新型】日常の中にアウトドアが融合するスタイルへ

特集

おすすめのニュース