初出展のブリヂストン、モビリティの進化を支える次世代タイヤを展示予定…CES 2020

月面での有人探査活動に必要なモビリティ「有人与圧ローバ」 《図版提供 トヨタ自動車》
  • 月面での有人探査活動に必要なモビリティ「有人与圧ローバ」 《図版提供 トヨタ自動車》
  • スマートストレインセンサー

ブリヂストンは、2020年1月7日から10日まで米国ラスベガスで開催される世界最大の家電見本市「CES 2020」に初出展する。

ブリヂストンは、自動運転の実現に向け、先進的な技術を通じてモビリティの進化、安全性、効率性を支える様々なモビリティソリューションを展示する。

ブースでは、国際宇宙探査ミッションで「有人与圧ローバ」が月面を走破するために技術開発を進めているタイヤ(接地体)や、「エアフリーコンセプト」タイヤをはじめ、様々な用途に向けた空気を使わないタイヤなど、拡張するモビリティ領域を支える次世代タイヤを展示する。

このほか、タイヤの荷重や摩耗状況を測定できる「スマートタイヤセンサー」や、企業の車両の生産性、安全性、コスト効率を向上するウェブフリートソリューションなど、モビリティの安全性や効率化を実現する技術を紹介する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース