走行コンテンツ盛りだくさん…トヨタGAZOOレーシングフェスティバル

年末恒例のメーカー系ファン感謝祭の締めくくりとして、トヨタGAZOOレーシングフェスティバルが15日、富士スピードウェイで開催され、レーシングコースでは盛りだくさんの走行コンテンツが行われた。

今年のトヨタGAZOOレーシングフェスティバルは、例年にも増してレーシングコースでのコンテンツが増え、常に何かが走っているような状態になっており、さらに今年は例年参加しているSUBARU(スバル)、日野、トヨタ車体に加え、マツダが加わったことによりボリュームが増した。

クラシック・ルマンと題された、トヨタ「TS010」とマツダ「787B」の共演が行われたほかに、ジャパンモータースポーツパレードと題されたコンテンツでは、ニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦のレクサス「LC」をはじめスバル「WRX STI」や日産「GT-R NISMO GT3」、ダカールラリー参戦の日野「レンジャーGTやトヨタ「ランドクルーザー」、WRC参戦のトヨタ「ヤリスWRC」、SUPER GT参戦のレクサス「LC500」、全日本ラリー参戦のスバルWRX STIや、日本ではお目にかかれないNASCAR仕様のトヨタ「スープラ」、スーパーフォーミュラの「SF19」など、とにかく多彩なマシンがレーシングコースをはじめ、特設コースで走り回った。

とくに、SUPER GT参戦のLC500は規定が変わり、来シーズンのトヨタは「GR スープラGT500」になり、今回がラストランとなった。

《雪岡直樹》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース