マレリとブラックベリーが協業、中国主要自動車メーカーにデジタルコックピット用QNXプラットフォームを提供

自動車関連サプライヤーのマレリは12月11日、カナダ通信機器メーカーのブラックベリーと協業し、中国の主要自動車メーカーにデジタルコックピット用QNXプラットフォームを提供すると発表した。

今回提供する「QNX Platform for Digital Cockpits」は、ブラックベリーの安全性認定を受けたハイパーバイザー「QNX Hypervisor for Safety」、メータークラスタ向けプラットフォーム「QNX Platform for Instrument Clusters」、インメントシステム向けプラットフォーム「QNX CAR Platform for Infotainment」とAndroidの実装を統合したソフトウェアソリューションだ。

車両内部情報を扱うメータークラスタと、カーナビやディスプレイオーディオなどを扱うインフォテインメントシステムは、情報ソースが異なるため、OSも別物となる場合が多い。しかし、このデジタルコックピット用QNXプラットフォームを活用することで、安全で信頼性が高いQNXベースのデジタルインストルメントクラスターとインフォテインメントシステムを統合。最新のAndroidベースアプリケーションに単一のECUからアクセスできるようになる。

また、デジタルコックピットのインフォテインメントは、ハイパーバイザという仮想化環境システムにより、車両システムから隔離してサンドボックス化。アプリがクラッシュしたり、セキュリティが侵害されたり、アップデートが必要になったりしても、運転機能に深刻な影響を与えることがなくなる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース