アウディ Q2、初の大幅改良でフロントマスクに大きな変化!?

アウディのコンパクト・クロスオーバーSUV、『Q2』改良新型プロトタイプをスクープサイト『Spyder7』のカメラが初めて捉えた。

Q2は2016年3月のジュネーブモーターショーでデビュー。同年11月から欧州で販売、日本では2017年6月に導入されている。その後2018年には最高出力221psを発揮するハイスペックモデル『SQ2』が設定されたほか、2019年には中国市場向けにロングホイールベース版『Q2L e-tron』を投入。ベースモデルでは初の大幅改良となる。

酷寒のスウェーデン北部で捉えた開発車両は、ヘッドライトの内部に変化が見られる。T字のLEDラインがなくなり、上下にそれぞれ分割されたLEDを備えたフルLEDライトとなっているようだ。

また垂直方向のコンパクトなコーナーエアインテークの一部や、格子状のバーを備えた新パターンの低くワイドな六角形グリルを確認することもできる。リアエンドは着手されていないようだが、テールライトのグラフィックも刷新されるだろう。

キャビン内では、高品質の新しいトリム、より新しいデジタルインストルメントパネルによるコントロールのアップグレードなどがなされる。

パワートレインは、最高出力118psを発揮する1.0リットル直列3気筒ガソリンターボ、最高出力150psを発揮する1.4リットル直列4気筒ガソリンターボがキャリーオーバーされる可能性が高いが、CO2排出量を削減するためのオーバーホールを受けると予想される。

アウディQ2改良新型の登場は、2020年後半が有力だ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース