常磐線全線再開へ向けてのカウントダウン…富岡-浪江間で12月18日から試運転

常磐線復旧区間と未復旧区間の北の境界となっている浪江駅。
  • 常磐線復旧区間と未復旧区間の北の境界となっている浪江駅。
  • E657系特急型電車

JR東日本水戸支社は12月4日、2019年度末の常磐線全線再開へ向けた富岡~浪江(なみえ)間の試運転を12月18日から開始すると発表した。

2011年3月に発生した東日本大震災により福島第一原子力発電所が被災した影響で、常磐線は福島県内の広野~原ノ町間で長期間運休を余儀なくされたが、このうち広野~富岡間は2017年10月までに、浪江~原ノ町間は2017年4月までにそれぞれ再開している。

現在は残る富岡~浪江間で復旧工事が進められており、試運転では安全運行のための線路、電力、信号・通信設備などの機能確認を行なうとしている。試運転終了後には乗務員の習熟を目的とした訓練運転が行なわれる予定。

同区間は「2019 年度末までに帰還困難区域のうち特定復興再生拠点区域の一部が先行して避難指示解除されるのにあわせて運転再開する予定」とされていることから、現時点で具体的な再開時期は未定だが、再開後は特急『ひたち』『ときわ』で運用されているE657系特急型電車を増備の上、東京都区内~仙台市内間の直通特急を運行するとしている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース